TOP > ドラム防音室の情報in大阪 > ドラムのための防音室の費用とは

ドラムのための防音室の費用とは

楽器の演奏をするとなれば気になるのは、音による騒音トラブルではないでしょうか。
特にドラムは低温であり、振動で比較的遠くまで音が聞こえるので注意しなければなりません。
そうなれば必要と考えるのが、防音室です。
防音工事はそう簡単なものではなく、費用もかかるので本当に信頼できる業者に任せることが重要になってきます。
いざ工事をしてから防音効果がイマイチ感じられないとなれば、後悔しても仕切れないので実績が豊富にある業者に施工の依頼をするようにしましょう。
実際に業者が手がけた防音室に足を運び、自分の耳で聞いて確認してみるというのも一つの方法です。
高額なら防音効果が高いに違いないと考えがちですが、高ければ良いというばかりでもないので、複数の業者から見積もりを取ってから決めるようにしましょう。


防音工事と一口に言っても方法は一つではありません。
防振で、新しく造られる床や天井から振動が伝わらないようにし、ゴムなどの防振材を使い、さらにドラムの低音の振動の伝搬を軽減させるために、壁や床、天井面に質量のある材料を使うという方法があります。
それ以外にもボックスインボックス構法もあります。
これは二重サッシの原理の応用になっていて、ドラム室の壁と壁の間に空気層となる隙間を設ける方法です。
これは劇場やコンサートホールといった公共建築でも利用されていて、効果は確かです。
どの程度の規模の部屋を防音室にするのかや、どのレベルの防音効果を必要としているのかによって、工事の内容や費用には違いが生まれるので、ある程度は希望を決めてから探すようにすることもポイントです。


大阪には数多くの業者が存在しており、いざ防音室にするための業者を選ぶとなれば、どこを選んだら良いのかで悩むのは当然のことではないでしょうか。
プロならどこでも大差はないと考えてしまいがちですが、使っている素材や施工方法に違いがあったり、施工の実績による仕上がりの違いもあるので必ず複数から見積もりを取り、相談をしてから決めるようにしましょう。
スタッフの対応が丁寧でわかりやすい説明があるのかも重要です。
人に対して雑な対応しかできない業者は、施工に関しても雑で防音効果が低いということも多いので、気をつけなくてはなりません。
防音室に施工してもらうことは、そう頻繁にあることではないからこそ、しっかりとした効果を得るためにも良い業者を探すことが大切になってくることは確かです。

次の記事へ