名刺の管理術
2017.04.24

名刺の交換をする2人サラリーマンやビジネスマンにとって必要不可欠なアイテムが名刺です。
名刺にも出し方などのマナーがあるので、とくに社会人になったばかりの人は、名刺のマナーについて勉強したほうがよいでしょう。

そんな名刺なんですが、使ったりもらったりしていくことで管理が大切になってきます。
ビジネスマンとして多くの人たちと知り合うことで、どんどん名刺が増えていきますね。

名刺の管理なんて時間の無駄…と思っていませんか?
ここでは、そんな重要ではないと思われる名刺の管理が、実は営業成績のアップにも
つながるかもしれないということをご紹介しましょう。

まず、名刺管理の最も基本なこととしては、名刺を受け取った「その日の内に整理する」
ということです。これは、名刺を受け取った記憶がまだあるうちに、そのときのことを
振り返ることができるからです。また、大勢の人から受け取った名刺を一度に
整理するのもかなり大変ですから、早いうちから整理することがおすすめになります。

しかし、毎日のように名刺を管理するのも面倒…ということきは、
「名刺ホルダー」が便利です。名刺ホルダーは安価で購入することができたり50音順の
整理もできるため、名刺管理のわずらわしさを低減してくれる優れものです。

実際に名刺管理で多くの人が使っていて、とても便利です。
ただ、安価なため導入しやすいのはいいのですが、名刺を探すときに時間が
かかるということもあります。名刺探しに手間取っているビジネスマンも多いとか。

そこで、この問題を解決するのがデータ化です。

最近は携帯・スマホが爆発的に普及していますね。
そのなかでもビジネスマンにおける携帯・スマホは、もう必需品のなかの必需品
ともいえるのではないでしょうか?

携帯やスマホといえば今ではネットもできてしまうという時代です。
ここで便利なのがさまざまな無料アプリです。
ビジネスに便利ないろいろなアプリがあるので探してみましょう。

そのなかのひとつが、名刺をデータ化する無料アプリです。
名刺のデータ化は、エクセルシートなどでもできますが、手動で入力
するために時間がかかり、ミスをすることもあるでしょう。

この名刺管理アプリなら、簡単に名刺のデータ化ができます。
データ化すれば、いままでは時間をかけていた名刺探しのスピードもアップできますね。

また、データ化した名刺データも、そのまま使うだけでなく一工夫できます。
名刺のデータと営業データを組み合わせて分析を行うことで、営業活動の分析ができます。

たとえば、取引量が増減している顧客に、すばやいスピードで連絡先・担当者
に確認を入れることができます。取引量が増えていればニーズが分析できて
他の営業にも役に立てるし、減っていれば理由を尋ねて取引減を抑えることも
できるかもしれません。

このようにして名刺管理を行えば、営業活動にも効果的に役立てることができますね。

▲ ページトップへ